金剛山ロープウェイ 2024年8月に撤去開始! 香南荘も?!

Last Updated on 2024年6月12日

金剛山ロープウェイ撤去

大阪府で唯一のロープウェイといえば、「金剛山ロープウェイ」です。現在運休中ですが、いよいよ撤去されることになりました。
この記事では、2024年から撤去工事が始まることに関する情報をまとめました。

この記事でわかること
・ロープウエイ撤去までの経緯がわかる
・撤去工事期間中の行程と影響がわかる
・撤去後の影響がわかる

金剛山ロープウェイの現状

金剛山ロープウェイは2019年3月から現在も運休中です。ロープウェイは千早駅(ふもと)~金剛山駅(山頂付近)までを約6分結びます。金剛山駅は標高1000m近くあり、山頂の金剛山1125mまで標高差約100mで山頂に到着します。小さなお子さんや年配の方でも気軽に山ハイキングが楽しめる交通機関でした。
千早赤阪村の村営で営業をしていましたが、駅舎の耐震強度不足のため運休し、その後民間への譲渡先を探し続けていました。そして2024年8月に、ロープウェイおよび宿舎(香南荘)が撤去工事が開始されることになりました。

金剛山ロープウェイ
(c)Google

金剛登山ルートの1つである「香南荘尾根ルート」から見た金剛山駅の様子です。深緑色の車両が見えます。この場所は香南荘尾根ルートののケーブル支柱の真下にあたる場所です。

金剛山ロープウェイ

金剛山ロープウェイの今後とその影響

金剛山ロープウェイの撤去工事に伴う影響をまとめてみました。

撤去工事中の影響

現時点で明確な工事工程は発表になっていませんが、2024年8月頃から2026年度の期間に行われます。宿舎(香南荘)の撤去も行われます。廃材の車両運搬に登山ルートである伏見峠(念仏坂)が利用されることが予想されます。また、登山道の香南荘尾根ルート、地蔵坂尾根ルートも支柱撤去のため通行止めになることが予想されます。
府民の森でおなじみの「ちはや園地」付近も何らかの交通規制が行われると予想されます。携帯電話基地局も先立って撤去されるということで、ちはや園地附近一帯は携帯電話が繋がらなくなります。
詳しい情報が入り次第、更新していきます。

香南荘尾根ルート

金剛山登山ルート 香南荘尾根ルート フクジュソウに直行したいならこのルート

Last Updated on 2024年6月12日 大阪府と奈良県の県境にある日本二百名山の1つ金剛山。その金剛山の登山ルートを紹介します。参考にしていただければ幸いです。 はじめに…

撤去後の影響

ちはや園地の星と自然のミュージアム
ちはや星と自然のミュージアム

キャンプ場、ちはや園地、ちはや星と自然のミュージアムは残ります。すでに2019年より運休になているため、工事前後の影響はあまりないと考えています。ロープウェイや宿舎(香南荘)の跡地が有用に活用できることを期待しています。

まとめ

村営で1966年に開業して53年間活躍した大阪府で唯一のロープウェイですが、撤去されることはとても残念です。ロープウェイ復活を期待していた周辺の施設への経済的影響が気になるところです。

金剛山ロープウェイ 2024年8月に撤去開始! 香南荘も?!” に対して2件のコメントがあります。

  1. 自然愛好者TAKASHI より:

    初めまして、河内長野市に在住の者です。
    貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございます!
    ロープウェイや金剛山を子供が小さい頃から家族でキャンプ、ソリ遊び、初日の出ハイクなどを楽しんできました。ロープウェイや香南荘が撤去されるのはとてもショックで辛いです。
    河内長野市は自然というとても魅力的な観光資源を多く有している素晴らしい土地でありながら、それらを有効的に生かすことができずにわざわざ資金をつぎ込んでそれらを無くしていくことにはまったく経営能力や大阪府に訴える力のなさを痛感しています。
    このままでは現存する他の施設も人口の減少とともにますます減ってゆくのかなと思います。
    アウトドア愛好者が世界的に増加しているこの時期に何とかこの素晴らしい自然環境や農業、林業等をフル活用して河内長野を活性化できないものかと考えてしまいます。
    そういう活動をされている方々がいらっしゃいましたらご紹介いただけないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です